GREETING

face

ホリスティックヘルスケアルームHIRO主宰

竹内拓美 (Hiromi Takeuchi)

歯科医師 (竹内歯科医院勤務)
RYT200取得ヨガインストラクター
日本笑いヨガ協会認定 笑いヨガリーダー

ホリスティックヘルスケア研究所認定teateセラピスト
クシマクロビオティックアドバイザー
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー

歯科医を長年やってきた中で、患者さんの色々な声を聞きました。
歯科の分野で多いのは、顎が痛い、とか、咬み合わせが変わってきた、口内炎がよくできる、など。
このような事に関しては、歯科の治療で口腔内を見ているだけでは解決できないし、私は何の役にも立たないな、という事に気がつきました。
顎の痛みの多くや、多発する口内炎はストレスや姿勢の変化からくるものです。本人も気にかけていないような、

当たり前の日常の中にもストレスは沢山

あります。それによって身体も、気持ちも、頭も顎もグッと緊張し緩む事が出来なくなってくると、

顎にも身体にも心にも不調

が出てきます。夜もぐっすり眠れなかったり、歯ぎしりをしたり、顎が痛くなったり、頭痛もひどくなったり・・・それがさらに頭部をグッと締めつけ悪循環を繰り返します。このような状態の方に「リラックスしてください」と言っても、自らの力で緩ませる事が困難であることが多々あります。

身体と心と頭(思考)を緩ませることが難しい

ことであることに気づいていない、と言ったほうが的確な表現化もしれません。
また仕事や日常生活における姿勢の悪さから、身体に歪みを作り、循環を滞らせ、不調、イライラ、気力の低下、筋力の低下、浅い呼吸などを引き起こし、それらがまた身体にとってはストレスになっていきます。
歳をとると顔貌が変化し、体型も変わります。それを当り前で仕方がないと思う事はあっても、咬み合わせが変わるという事があるわけがないと思うのはなぜでしょうか?咬み合わせも姿勢の変化に応じて変わりますし、心の状態によっても変わるものなのです。良好な咬み合わせと姿勢を維持するためには、

自らの姿勢を保つための筋力を衰えさせない努力

が必要です。
姿勢の要は「体幹」であり「体軸」でもあります。そして、体幹や体軸が強く整ってくると、以前は当り前のようにしていた悪い姿勢が身体によくない事を自らの身体をもって気付くようになり、また気持ちの面でもニュートラルを保てるようになってきます。

心と身体は繋がっている

からです。その結果

ストレスに強い身体と心

が出来てくるものなのです。
他にも色々な説、色々な方法はあると思いますが、私は私に出来る健康になるためのサポートを精いっぱいさせていただこうと思っています。